ジスロマックは、細菌によって引き起こされる性病や接触感染症を治療する薬です。細菌の増殖に必要な酵素を阻害しながら、細菌を死滅させることで症状を治癒させます。ジスロマックはファイザー社の高品質な医薬品の一つで、その仲間であるジスロマック・バリエーションは日本でも承認されており、接触感染症の治療薬として多くの医療機関で処方されています。

クラミジアなどの細菌による接触感染症は、接触感染した部位で病気の原因となる細菌がタンパク質を合成することが引き金となり発症します。症状は、患部の炎症と発熱が特徴です。ジスロマックの有効成分は、アジスロマイシン水和物です。急性接触感染症の治療に必要な広い抗菌スペクトルを獲得することを目的に、ファイザー社が開発した財団初の15員環マクロライド系抗生物質製剤です。

ジスロマックは、マイコプラズマ肺炎やインフルエンザなどの呼吸器系接触感染症、中耳炎、皮膚感染症、尿道炎、子宮頸管炎、クラミジアなどの性感染症など、さまざまな接触感染症に対して幅広いスペクトラムが期待されるマクロライド系抗菌薬です。ジスロマックは、クラミジアをはじめとする細菌性接触感染症に有効な抗生物質です。ジスロマックは、尿道炎や子宮頸管炎などの性器疾患、肺炎や気管支炎などの呼吸器疾患、歯周病など、さまざまな病気の原因となる細菌に対して抗菌活性を発揮します。

ジスロマックは、歯周病、副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎など、クラミジア以外の病気の治療にも使用・混合されています。ジスロマックは、菌源が広いため、病気の原因となる菌が増えるのを防ぐ効果があります。クラミジアの治療では、ジスロマックは1日1回の服用で済みます。1日1回、1週間服用すればよいジスロマックの利便性は、毎日何度も1週間服用する必要がある他の薬に比べて非常に有利です。

アレルギーを起こしにくいとされているため、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーがあり、服用できなかった方でもジスロマックは耐えられると言われています。ジスロマックは、ファイザーが製造・販売しているマクロライド系抗生物質で、クラミジアや淋菌などの細菌による接触感染症に結果があり、アジスロマイシン水和物を主成分として待っているものです。

接触感染症は、細菌が体内に潜り込み、増殖することで症状が現れる。特に淋病やクラミジアなどの感染症は、行為によって体の他の部位に感染するため、細菌を確実に退治する必要があります。薬理学的には、タンパク質合成阻害剤のクラスに属します。細菌の発育に必要なタンパク質の鎖が広がるのを阻害することで、細菌の増殖・増加を抑制します。

ジスロマックは、強力な経口ジャンル抗生物質です。粉末を水に溶かして納得させることで、強力な殺菌効果を発揮します。ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質です。細菌の70Sリボソームに結合し、タンパク質の合成を阻害します。

有効成分アジスロマイシンは、マクロライド系抗生物質で、病気の原因となる細菌の増加に必要なタンパク質の合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。ジスロマックの服用回数は、症状によって開きがあります。摂取時間に決まりはありませんが、毎日決められた時間に摂取することで、成分の血中濃度が安定化します。また、食直後より空腹時の方が成分の比率が高くなります。