ゾビラックス」の有効成分であるアシクロビルが発見されるまでは、症状を軽減する対症療法しかなく、病気の原因であるヘルペスウイルスに対する有効な成分はありませんでした。ゾビラックスは、製薬会社グラクソ・スミスクラインが販売している抗ウイルス剤です。ゾビラックスの有効成分はアシクロビルという薬で、ウイルスの増殖を抑制する効果があります。錠剤、顆粒、点滴の3種類の製剤で販売されています。

この薬の作用は、ヘルペスウイルスの遺伝子子孫DNAの増加を抑制することです。そのため、ヘルペスウイルスがそれ以上増殖することはなく、ヘルペスウイルスの増加が抑えられます。口唇ヘルペスは、唇の周囲に現れる症状です。赤いミネラルウォーターのような水泡ができ、かゆみや痛みが気になるようになります。悪化すると食事ができなくなるくらいになるはずです。

ゾビラックスの登場により、ウイルスを抑制するヘルペスの治療法が確立されました。ヘルペス治療による身体的、内的負担が回復し、ヘルペス脳炎の死亡率が70%から20%に、極めて危険な新生児ヘルペスが90%から30%に、治療が極めて困難なヘルペスが70%から20%に減少しました。高く評価されているヘルペスの治療が可能になり、多くの命が救われました。医薬品開発で非常に定評のあるグラクソ・スミスクライン(GSK)が設計したゾビラックスは、ヘルペスをはじめとする素肌病の治療薬です。有効成分のアシクロビルは、ヘルペスや帯状疱疹、飲み薬などの病気の原因となる菌の行動や増殖を抑制し、殺菌・切捨てを行います。

ヘルペスは、一度かかると一生のうちに何度も再発する病気です。ゾビラックスを使用して症状を最小限に抑え、体への負担を軽減することで、病気を克服し、生活の質を向上させることができます。ゾビラックスの副作用は少ないとされていますが、人によっては、かゆみ、発疹、めまい、眠気、頭痛、下痢後、おなかの痛み、嘔吐、胃痛などの症状が出ることがあります。これらの症状や体調不良を感じた場合は、すぐに薬の服用を中止してください。服用を中止しても症状が続く場合は、お近くの介護施設に相談することができます。

ゾビラックス顆粒剤を錠剤にアレンジしたものも、体の大きなお子さんの水疱瘡に実践されています。ゾビラックスは、ヘルペスの治療薬として多くの専門機関で処方されており、副作用が少ないことから多くの方に支持されています。ヘルペスの病原体は再発する確率が高く、最初に接触感染しても70%以上が再発するといわれています。また、出産時にヘルペスにかかった場合、医師から帝王切開を勧められることもあり、母子感染の可能性が高くなります。

ヘルペス錠は保険診療では聞きなれないため、勤務先で処方されることが多いようですが、価格も適当なムードで、安価で使いやすいと思います。ヘルペスはヘルペスウイルスによる接触感染症で、ヒトに感染するヘルペスウイルスは8種類知られています。症状は移行したウイルスによって異なり、代表的な疾患としては、単純ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスによる水痘・帯状疱疹が挙げられます。ゾビラックスは、英国のグラクソ・スミスクライン社が開発した、アシクロビルを有効成分とする抗ウイルス剤です。ヘルペスには、水痘帯状疱疹ウイルスによる口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹があり、ゾビラックスはこれらの症状に有効です。