バルトレックスは、バラシクロビルを有効成分とする初めてのヘルペス治療薬です。一般に単純ヘルペスや帯状疱疹と呼ばれるものに効果があり、臨床結果では95.9%の症例に有効であるとされています。グラクソ・スミスクライン社から販売されています。ヘルペスは一般的に感染症というイメージがありますが、実は行為をしていなくても、日常生活の中でヘルペスウイルスに感染し、口の周りや素肌がただれることがあります。

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、ヘルペスを原因とするウイルス性疾患の治療薬として、世界約70カ国で承認されています。バルトレックスは、単純ヘルペス、帯状疱疹、水痘に導入されている薬剤です。これらの病気は、皮膚や粘膜に紅斑や水疱ができたり、神経に沿って痛みが現れたりします。バルトレックスは、ブリテン社傘下のグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス剤です。有効成分のバラシクロビルは、ヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を緩和します。

アシクロビルは、ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスに感染した細胞に接触すると飛び込んで、ウイルスのDNAコピーを阻害し、ウイルスの増加を断ちます。ウイルスに接触して感染した細胞だけを妨害するので、ウイルスに接触していない細胞には害が及びません。性器ヘルペスの感染に対する不安を鎮めるにはゴムが有効ですが、ゴムで止められないところにも現れることがあるので注意が必要です。

バルトレックスの飲み方は、主に食後に服用するため、簡単です。副作用も少ないとされており、とても使いやすいお薬です。バルトレックスの服用量を増やすことで、治療中だけでなく、服用を中止した後のヘルペスの再発を減少させることができます。ヘルペスやウイルスが活性化・拡散するきっかけは、疲労や緊張で免疫力が低下している時期です。家族への売買が忙しく、病院に行く時間がないという方は、常備薬としてバルトレックスを1本持っておくと安心です。

副作用は、眠りから覚めるようなものではありませんが、中には重篤なものがあることを知っておくことが大切です。特に初期症状を知っておくことで、早めの対策が可能になります。バルトレックスは有効成分である塩酸バラシクロビルを含んでおり、体内でアシクロビルという抗ウイルス剤に変換され、ヘルペスウイルスが広がるのを防いでくれるのです。

バルトレックスは、ゾピレックスを改良したパラシクロピル塩酸塩を主成分とする第2世代の抗ウイルス剤で、ヘルペス、水痘、帯状疱疹に効果があります。単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、人と直接接触していなくても感染する可能性があるウイルスです。性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹でお悩みの方、再発に備えて予防的に持っておきたい方におすすめの製品です。

バルトレックスは、抗ウイルス化学療法剤で、抗ヘルペスウイルス薬に二分される。単純ヘルペス、帯状疱疹、性器ヘルペスなどのヘルペスウイルスが原因の病気や、可能性の低いミネラルウォーターとされるものの治療に使われるヘルペスウイルス感染症治療薬です。バルトレックスは、飲酒の発生率が既存薬の50%以下であるにもかかわらず、ヘルペスの治療に再試験が行われています。もちろん、ヘルペスの治療効果は維持されているので、バルトレックスは中心的な選択肢であり、多数の薬を許可する手間を改善しただけの抗ヘルペスウイルス薬として取り入れられています。