ダイフルカンは、アゾール系抗真菌剤に細分化され、膣カンジダ症、クリプトコックス症、菌状息肉症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌性髄膜炎等の治療に使用されています。日本での歴史は古く、1989年から「ダイフルカン錠」という薬剤名で販売されています。ダイフルカンの主成分はフルコナゾールであり、真菌感染症の治療に用いられる薬剤の成分の一つです。フルコナゾールは、本来の真菌症の治療効果に加え、体調を整える100%の主張が明確で、女性の耐性を高める保湿効果があります。

膣カンジダの症状としては、女性のデリケートゾーンにかゆみや白く濁ったようなものが見られます。ダイフルカンは、カンジダ菌の過剰繁殖を殺菌・圧迫する効果があります。ダイフルカンの有効成分であるフルコナゾールは、真菌の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生リレー合成を阻害することで抗真菌効果を発揮します。膣カンジダの治療に職務がある場合は、ダイフルカンの取り込みだけでなく、他の薬との併用も検討しましょう。

ダイフルカンは、日本では1989年から販売されており、長い歴史があります。ジフルカンとダイフルカンは全く同じ薬剤です。カンジダは、回復力のある女性でも持っている常在菌です。嫉妬や疲労、体の疲れなどで免疫力が低下すると、カンジダが増殖し始め、症状が進行します。カンジダがいると、膣にかゆみが生じたり、行為の際に痛みを感じたりすることが予想されます。食前・食後の閾値は特になく、1日1回の服用で、2回目以降は初回服用から24時間以上経過してから服用することが可能です。

膣カンジダの原因としては、接触による接触感染、締め付ける下着によるブルゾン、石鹸で外陰部を洗いすぎることによる膣のずぼらなプロポーションなどがあげられます。ジフルカン・ジェネリックは、抗菌薬ジフルカンのジェネリック医薬品です。カンジダなどの真菌(カビ)接触感染に有効な抗生物質です。錠剤タイプで服用しやすく、本成分配合の薬剤よりもジェネリック医薬品の方が安価です。

ダイフルカンの主成分であるフルコナゾールは、カンジダ症の気になる症状を改善するために、十分すぎるほどの殺菌効果を発揮してくれます。フルコナゾールは、主に膣カンジダ症の治療と予防に使用されます。膣カンジダは、カンジダ属の真菌によって引き起こされます。カンジダはカビの一種で、真菌となることもあります。細菌やウイルスと異なり、真菌は圧倒的な存在感を持っています。ダイフルカンは、真菌の膜成分であるエルゴステロールリレー合成を阻害することで抗真菌活性を示します。